新機能 :

要件、ベースライン、およびベースライン比較エクスポート

エクスポート機能を使用すると、ユーザーは簡単に要件関連のデータを取得できます。エクスポートされたファイルはレポート、アーカイブなどオフライン目的で使用できます。

  • 要件のエクスポートでは .csv および .doc 形式の両方がサポートされています。

  • 要件のエクスポートではフィールドのカスタマイズがサポートされています。
  • ベースラインおよびベースライン比較の結果を Word doc にエクスポートできます。

詳細はこちら ...

実行の緊急度

  1. ユーザーはテスト サイクルでの実行の緊急性を決定できます。テスターは実行の緊急度に従ってテスト実行の優先度を決めることができます。また、新たに開発された JQL 関数 "urgencyOfRun()" を使用することにより、緊急度の値によってテスト結果を絞り込むことができます。

詳細はこちら ...

テスト スイートの並べ替え

ユーザーはページで作成したテスト スイートを並べ替えることができます。この機能はテスト スイートの数が多く、論理的順序で並べ替える必要がある場合に非常に便利です。

詳細はこちら ...

パラメーター化された Jenkins ジョブのサポート

  1. 既定の Jenkins ジョブに加えて、パラメーター化されたジョブに対応することで自動化チームの選択肢が 1 つ増えます。
  2. synapseRT からジョブがトリガーされた後に、テスト サイクル情報 (id) を Jenkins ジョブに渡します。

詳細はこちら ...

テスト計画およびテスト サイクルの新機能

テスト計画およびテスト サイクルに導入された以下の機能により、ツールの操作性と柔軟性が向上します。

  • テスト サイクルの作成時に追加された 'テスト ケースの読み込み' オプション : ユーザーはテスト計画内のテスト ケースをテスト サイクルに読み込むかどうかを決定できます。
  • 'アクティブ' ステータスのテスト サイクルでのテスト ケースの追加/削除の対応 : テストが開始された後でもテスト チームはテスト範囲を調整できるようになります。
  • テスト計画のテスト サイクルの逆順での並べ替え : 最近作成されたテスト サイクルが上位に表示されます

'要件' ページでの 'JQL 検索'

新しい 'JQL 検索' 機能によりユーザーは複雑な条件の組み合わせを使用して絞り込みを行え、より正確な結果を得ることができます。


その他の変更と改善点

  1. 新しい API : /rest/synapse/latest/public/testPlan/{testPlanIssueKey}/deleteCycleByIdOrName、改善された既存の API I: /rest/synapse/latest/public/testPlan/{testPlanIssueKey}/addCycle
  2. synapseRT 課題 (テスト ケース、要件) を .csv ファイルにエクスポートする際のさまざまな '区切り文字' のサポート
  3. ユーザーによるテスト実行ステータスの並べ替えの許可
  4. 'テスト サイクル レポート' での .xls および .doc 形式のエクスポートのサポート

リリース ノート

ストーリー/改善点 :

  • SYNAPSENG-266 [Customer][Test Suite]: add ability to reorder the test suite in "Test Suites" panel.
  • SYNAPSENG-1774 [Manage REQs]: Supporting CSV export for Requirement issues.
  • SYNAPSENG-1917 [Manage REQs]: Providing 'JQL Search' (Advanced Search) for user to view the list of requirements.
  • SYNAPSENG-1959 [Customer][Test Plan]: Presenting Test Cycle with reversed order (the latest are the first) in Test Plan.
  • SYNAPSENG-2099 [Customer][Test Cycle]: Make Test Cases (Test Runs) removable from an 'ACTIVE' Test Cycle.
  • SYNAPSENG-2467 [Import/Export]: Supporting different 'delimiter/separator' when export synapseRT issues (Test Cases, Requirements).
  • SYNAPSENG-3007 [Automation]: Support Jenkins default pipeline job.
  • SYNAPSENG-3483 [Configuration]: Allow user to set order of Test Run Status.
  • SYNAPSENG-3491 [Test Cycle]: Add an option 'Load all Test Cases those are in the Test Plan' in 'Add Test Cycle' dialog.
  • SYNAPSENG-3492 [REST API]: Add one more parameter 'preloadruns' in request body in 'POST /rest/synapse/latest/public/testPlan/{testPlanIssueKey}/addCycle'.
  • SYNAPSENG-3515 [Report]: 'Test Cycle Report' export should support .xls and .doc formats.
  • SYNAPSENG-3519 [REST API]: Introduce new APIs to delete Test Cycle in 'DRAFT' status.
  • SYNAPSENG-3532 [Test Cycle]: Introduce 'Set Urgency' for Test Runs in Test Cycle.
  • SYNAPSENG-3544 [Automation]: Pass Test Cycle information to Jenkins job once the job is triggered by synapseRT.
  • SYNAPSENG-3549 [Performance]: Improvement the page loading time when there are many concurrent users in JIRA.
  • SYNAPSENG-3555 [Configuration]: The category value for 'Not Tested' status should be locked.
  • SYNAPSENG-3577 [User Settings]: Introduce a new user setting to allow user customizing export fields of Requirement (CSV).
  • SYNAPSENG-3578 [Requirement]: Requirements page, change button label from 'Export All' to 'Export'.
  • SYNAPSENG-3589 [JQL]: Support both text search and JQL search for field 'Urgency'.

バグ修正 :

  • SYNAPSENG-3487 [Gadget]: 'Delete' and 'Reorder' Jira field from 'Defect Statistics per Test Cycle/s' doesn’t work.
  • SYNAPSENG-3510 [Test Plans]: New created 'Test Run Status' are not reflected in 'Overview' tab.
  • SYNAPSENG-3540 [Test Plans]: The color block will change to grey color if any of default status is updated.
  • SYNAPSENG-3541 [Requirement]: 'Refresh' message is always be there if link a Requirement issue from other project.
  • SYNAPSENG-3545 [Test Plan]: Page is always in 'Loading' status if try to add Test Case from a Requirement who has no Test Case associated.
  • SYNAPSENG-3553 [JQL]: Minor UI issue in JQL search text boxes.
  • SYNAPSENG-3556 [Test Case]: Some HTML tags causes Test Case issue cannot be loaded correctly.
  • SYNAPSENG-3557 [JQL]: Any issues created from issue type contains symbol '&' is NOT going to be considered as synapseRT issues and cannot be linked.
  • SYNAPSENG-3562 [JQL]: Sometimes JQL result is not correct if the are sub Test Suites with duplicated name.
  • SYNAPSENG-3564 [Test Plan]: Test Cases will be listed at the bottom in Test Plan if they are direct children of a root Test Suite.
  • SYNAPSENG-3565 [SynapseRT Report]: 'Test Suite Report' generates wrong data if there are Test Cases directly linked to parent Test Suite.
  • SYNAPSENG-3568 [Test Cycle]: The initial value of 'Tested By' should be 'blank' instead of user who created Test Cycle.
  • SYNAPSENG-3570 [Test Plan]: Progress bar is missing for Test Cycles in Test Plans page.
  • SYNAPSENG-3571 [Test Case]: Test Plan panel is not rendering in Test Case Issue page when there is an invalid Test Cycle
  • SYNAPSENG-3579 [Gadget]: The view mode switch is in 'Disabled' status if the JQL filter is from a gadget.
  • SYNAPSENG-3582 [Gadget]: Error in 'Test Case Burndown Chart' at jira.go2group.com.
  • SYNAPSENG-3586 [Test Run]: Duplicated records are created in 'History' is if do 'Bulk update' from test steps.
  • SYNAPSENG-3590 [Test Cycle]: Code string is displayed in error message when configure synapseRT fields as 'Column'.
  • SYNAPSENG-3591 [Test Suite]: Drag and dropping test suite to be it's own child breaks related test issues
  • SYNAPSENG-3592 [REST API]: Test Case public REST fails when using virtual IP.